薬剤師と上手にコラボレーションしよう!

薬剤師は、全国で約30万人が登録し、医薬品全般における豊富な知識を活かし、医師の処方せんにもとづく調剤や服薬指導、医薬品の管理・販売などを行っています。勤務場所もおなじみ病院や調剤薬局、ドラッグストアはもちろん製薬メーカーや公務員などがあります。また、雇用形態も正社員、契約社員、派遣社員、パートなどに分かれており、その能力を様々な形で発揮できるようになっています。今回は医薬品、健康のプロフェッショナルである薬剤師とのコラボレーションを円滑に行うためのヒントについてご紹介します。

1.薬剤師の知識を生かした健康、医療、美容領域の記事執筆・監修!

 

薬剤師による記事執筆、監修のメリットは一般ライターには難しい専門領域の知識や経験を活かした記事執筆や監修が可能な点になります。具体的に薬剤師による記事執筆のメリットについてご紹介します。

①医療、健康情報をわかりやすく執筆、監修が可能

薬剤師は、日常業務において患者さんや店舗の顧客など医薬、健康知識があまり高くない人からその状況を聞き出した上で、実践しやすい形での医薬品の情報提供や商品推奨、服薬指導などを行っています。その経験を活かして、医療、健康情報の難しい情報をわかりやすく、かみ砕いた形にして記事執筆や監修が可能です。

②ガイドラインや論文を踏まえた正しい医療、健康情報で記事執筆、監修が可能

薬剤師の勉強を通じて、ある程度の専門用語や臨床知識を理解しているので、信頼できる情報ソースの取捨選択はもちろん、ガイドラインや論文など一般ライターでは理解するのが困難な情報を読み込んで正しく理解したうえで、記事執筆、監修が可能です。また、人によっては英語の最新論文を調査して意訳した上で、執筆することも可能なので、さらに情報の精度がさらに高まります。

③化粧品に成分の知識を踏まえた美容記事の執筆、監修が可能

薬剤師は、学生時代に有機化学の講義で有効成分の構造式を学びます。それらの知識で化粧品の成分を理解して、薬学的な視点からの記事作成や監修が可能です。特に元化粧品メーカーや化粧品の開発部門やマーケティングの部署の勤務経験のある薬剤師は、美容系の良質な記事作成や監修が可能で需要も高いです。

2.医療、健康、美容領域のプロモーションを薬剤師の知識でサポート!

 

薬剤師によるプロモーションサポートのメリットは医療、健康系の知識や経験、調査、コミュニケーション能力を活用することで、法令に準じた形で医療、健康領域の正しい情報によるプロモーション実現に寄与できる点になります。具体的に薬剤師によるプロモーションサポートのメリットについてご紹介します。

①薬剤師の知識や経験を活かして、お客様が納得して薬を服用するプロモーションをサポート!

薬剤師は、主に薬局やドラッグストア、病院などで医薬品を中心に健康食品や化粧品などの商品やサービス、更にプロモーション活動に触れて日常業務を行っています。そこで患者さんや消費者へ実際に説明を行うことを通じて、現場視点でのわかりやすい情報を把握しているのです。そうした薬剤師の知見を活かして、“病気をかかえた一般の方が理解できる”ことを前提に、専門用語を一般的な言葉に置き換え、失礼のないように表現に細心の注意を払うことができます。又、実際の患者さんやお客様の疑問を想定して、なぜその薬が必要なのかの作用機序の解説や薬効、更に薬の味や薬の上手な飲み方、飲ませ方などをわかりやすく図表やイラストを活用してコンテンツ化することをサポートできます。

②薬剤師の専門領域調査能力を活かして、製薬メーカーや医師などの専門家も安心のプロモーションをサポート!

薬剤師は、6年間の勉強はもちろん、最新の医薬品情報を随時学ぶと共に、ドラッグストアであればOTC医薬品や健康食品、化粧品まで幅広く学んでいます。更に学生時代の培った専門領域の調査能力を活かして、専門の論文やガイドラインなど信頼できる情報ソースから正しい情報を取捨選択することができます。そうした薬剤師の知識や調査能力を活かして、「最新の情報やエビデンスに基づいた競合分析」や「副作用や安全性を調べた上でのプロモーション企画」をサポートできます。

③インタビュー取材を通じて、医療専門領域の情報をストーリーにしてわかりやすいプロモーションをサポート!

薬剤師は、患者さんを含む一般の方々、医師や看護師などの医療従事者、製薬会社のMRなど様々な医療知識レベルの方に合わせてコミュニケーションを図っています。その薬剤師の知識を踏まえたコミュニケーション能力を活かしたインタビューもプロモーションサポートに有効です。例えば一般の方への病気の説明に患者さんの体験談や医師の解説・アドバイスを活用するなど難しくなりがちな医療、情報を自分ごと化できるストーリーにすることが可能です。

■まとめ
1.医薬品を中心に食品や化粧品などでわかりやすくケア&セルフメディケーションをサポート!

薬剤師は、主に薬局やドラッグストア、病院などで医薬品を中心に、健康食品や化粧品などの商品やサービスの情報を患者さんや消費者へ実際に説明を行うことを通じて、現場視点でのわかりやすい情報を把握しているのです。そうした薬剤師の知見を活かして、“病気や美容が気になる一般の方が理解できる”ということを前提に、伝えることができます。又、実際の患者さんやお客様の疑問を想定して、なぜその薬が必要なのかの作用機序の解説や薬効などをわかりやすく伝えることで、ケア&セルフメディケーションをサポートできます。

2.ガイドラインや論文など最新の医療、健康専門情報をわかりやすい形で訴求!

薬剤師は、6年間の勉強はもちろん、最新の医薬品情報を随時学ぶと共に、ドラッグストアであればOTC医薬品や健康食品、化粧品などまで幅広く学んでいます。更に学生時代の培った専門領域の調査能力を活かして、専門の論文やガイドラインなど信頼できる情報ソースから正しい情報を取捨選択することができます。そうした薬剤師の知識や調査能力を活かして「記事執筆や監修」や「最新の情報やエビデンスに基づいた競合分析」そして「副作用や安全性を調べた上でのプロモーション企画」など幅広くサポートできます。

3.患者さんや専門家の声を活用して医療、健康情報を親しみやすい形で訴求!

薬剤師は、患者さんを含む一般の方々、医師や看護師などの医療従事者、製薬会社のMRなど様々な医療知識レベルの方に合わせてコミュニケーションを図っています。その薬剤師ならではのコミュニケーション能力を活かしたインタビューを通じて、難しくなりがちな医療系情報を自分ごと化できるストーリーに変換することで共感できる医療系プロモーションのサポートが可能です。

一般社団法人 健康オピニオン会議