東京学芸大との提携で子どもの非認知スキル向上とメガロスファン作りを!

出典 メガロス

 

メガロス30周年プロジェクト
こどもみらいプロジェクト

 
■内容

メガロスは、30周年プロジェクトとして、スポーツを通じて地域全体でこどもの成長をサポートする環境づくりやこども向けのスポーツ普及を目指す活動「こどもみらいプロジェクト」を発足しました。メガロスでは、今回のプロジェクトを通して、短期的にはスポーツによるより一層の「心の豊かなこどもを育む」環境づくりを、中長期的には子どものスポーツの場という枠を超えて、地域、行政、教育機関と連携し、「健康」軸で地域を活性化するという新たな価値を創出を目指していくそうです。今回は、こどもみらいプロジェクトから見える社会課題解決と自社ビジネスの両立を目指すメガロスについて紹介します。

1.メガロスと東京学芸大学では、非認知スキルを伸ばす運動プログラムに注目し、今ある商品の改善や新プログラムを開発
  • グローバル化が進む中、日本の教育では「非認知スキル(EQ)」が注目を集めている。非認知スキルとは自己認識(自信、やり抜く力)、意欲、忍耐力、自制心、社会的適性、創造性、対処能力、性格的な特性といったものの総称で、多くの研究もなされている。
  • 早期教育プログラムによって非認知スキルがアップし、成長後のコミュニケーション能力の発達、生活改善につながったと言われていることから、本プロジェクトでは、スポーツを行うことで得られる子どもの自尊心・協調性・コミュニケーション能力の向上といった面に着目。
  • メガロスと東京学芸大学では、運動に親しみながら非認知スキルを伸ばしていける運動プログラムに注目し、今ある商品の改善や新プログラムの開発をしていく。 
2.「こどもみらいプロジェクト」で地域に運動環境を提供することで子どもの非認知スキルの向上と共に自社のプロモーション効果を両立!

 

●スポーツを通じて非認知スキルを高めることをサポート!

「こどもみらいプロジェクト」は、積極的に地域とつながり運動環境を提供し、スポーツを通じて自信をつけたりコミュニケーションを図ったりといった非認知スキルを高めていくことをサポート。

●地域のスポーツ普及活動を通じて、豊かな子どもを育む環境作りを!

「こどもみらいプロジェクト」は、心の豊かな子どもを育む環境作りを目的として、地域の幼稚園や小学校で水泳や運動の出張指導、幼稚園や保育園と提携してスイミングスクールの送迎、地域行事のサポート、着衣泳指導などメガロスのリソースを活用して地域へのスポーツ普及活動を行う。

●幼稚園、保育園との提携によりメガロスにプロモーション効果!

幼稚園・保育園と提携することで、共働きで習い事をしたくてもできない人のニーズを満たしたり、土日の混雑緩和や会員数の増加などメガロスにとってもプロモーション効果がある。

3.共働き世帯の子どもの課題を解決する「メガロスキッズアフタースクール」でスポーツと栄養の両面で生き抜く力をサポート!

●文科省の指導要領を踏まえてメガロスは子どもが「生き抜く力」を育むカリキュラムを開発!

文科省では小学校の新学習指導要領にて『変化の激しい社会に必要な「生きる力」を育む』という方針を示している。そこでメガロスでは子どもが成⻑していく上で大切な「体、脳、心」を育むことを通じて子どもが「生き抜く力」を習得できるカリキュラムを開発。

●共働き家庭の子どもの課題解決に役立つ「メガロスキッズアフタースクール」を開校!

共働き家庭が抱える子どもの放課後の過ごし方などの課題を解消するために、平日にメガロスの『スポーツ×教育』の充実した環境下でスイミングやチアリーディングを教える「メガロスキッズアフタースクール」を開校する。※2021年4月 メガロス武蔵小金井にて開校 

●スポーツのみならず、子供の栄養サポートも行うことで遅くまで安心して預けることが可能!

「メガロスキッズアフタースクール」は送迎付きで夜 20 時 30 分まで営業を行うほか、名古屋学芸大学が献立を監修した食事サービスで、子どもの栄養もサポート。お仕事が遅くなってしまった日でも、安心して子どもを預けることが可能。

■まとめ
1.産学連携で信頼できる形で母親が子どもに対して求める非認知スキル(EQ)向上につながる習い事として差別化したブランディング効果!

少子化の中でスポーツクラブ内での差別化のため、スポーツ種目の数などに注力せず、母親が子どもに与えたい価値=「非認知スキル(EQ)」に着目した点が秀逸。

2.幼稚園、保育園との提携により子どもの非認知スキル(EQ)向上に役立つスポーツ体験の提供に繋がり、メガロスのプロモーション効果に!

地域の幼稚園や小学校で水泳や運動の出張指導、地域行事のサポート、着衣泳指導などを行うことで幼稚園や保育園児にとって園お墨付きの楽しいスポーツ体験に繋がり、しいてはメガロス入会のプロモーション効果に役立つ。

3.こどもみらいプロジェクトからアフタースクール展開まで広げることで、信頼できる放課後の習い事としてのプロモーション効果増を目指す!

こどもみらいプロジェクトのノウハウを生かして、共働き世帯の子どもの生活環境に着目して、その課題解決と自社のプロモーション効果を同じベクトルにしてアフタースクールまで展開を広げようとしている点が秀逸。

 

一般社団法人 健康オピニオン会議