料理研究家ニコラシャール×キキ&ララ40周年スイーツ登場!

3月7日(月)から3か月間、うさぎシュークリームで人気のニコラハウスとサンリオキャラクターのリトルツインスターズのコラボカフェを開催。コラボ期間中は料理研究家ニコラシャールのここでしか食べられないがキキ&ララをモチーフにした料理やスイーツが登場します。

コラボ1:ニコラハウス×キキ&ララコラボ限定パフェ

ニコラハウスのお店にあるオーブンで焼き上げた、自家製のキキ&ララのクッキーに、無糖の生クリームをトッピングした限定パフェ「13階層からなるパフェ”Ciel etoileリエジョア“」。
口どけほろりとするクッキーと、無糖の生クリームを合わせることで、ちょうど良い甘さを楽しめます。又、食べ進めていくと、口の中でパチパチ広がる、自家製のラムネムースも味覚を刺激します。更にニコラシャールの特徴であるハーブも入っています。今回使用しているのは、フレッシュのレモンタイム。酸味のあるベリーとフランスの伝統菓子(クレープ生地を焼いて砕いたお菓子)フィアンティーヌと組み合わせることで、サクサクした食感と、食べ終えばあとに、レモンタイムの香りが広がります。

コラボ2:ニコラハウス×キキ&ララコラボ限定シュー

ピンク色の可愛いイラストのシュークリーム「3種いちごとマシュマロ クリームチーズシュークリーム」は、フランスの苺の伝統菓子をモチーフに料理研究家ニコラシャールが作りました。自家製のイチゴのピューレから作った、ふわふわのムースをベースに、食感が楽しいドライストロベリーと、苺のカスタードと、苺を3つの形にアレンジしました。さらにふわふわの食感が懐かしいマシュマロをいれ、最後にニコラシャールの生まれ故郷フランス産キリクリームチーズをいれて、「甘酸っぱい」「ふわふわ」「パリパリ苺」「濃厚クリームチーズ」が楽しめる贅沢なシュークリームに仕上げました。

ニコラシャールとは?

料理研究家ニコラシャールは、フランスの1つ星レストランで働き、15年前に日本に来日。
その後「見た目可愛いけれど、味は本格派の料理とスイーツ」をコンセプトに、2014年にニコラハウスをオープン。看板商品のハーブをたっぷり使った「うさぎシュークリーム」や、12から15階層からなる、異なる食感と味を存分に楽しめる「うさぎリエジョア」、1皿で20品目以上の食材が食べられる「お子様ランチ大人用」、様々な食材を混ぜて楽しむ瓶サラダこと「メイソンジャーサラダ」でブームを起こした料理人。
ニコラシャールが作る、見た目可愛く、味は本格派のスイーツと料理の世界と、キキ&ララが織りなす新しい世界は注目です。

■見て、食べてわかりやすいおいしさでユーザー拡大へ!

「見た目可愛いけれど、味は本格派」のコンセプトをいかに伝えるかを一工夫。アイキャッチのキキ&ララだけでなくおいしさが伝わるように彩り良い、様々な食感の食材を豊富に使用。又、ハーブを使うことで、食べた後に香ばしさが広がるように工夫しています。見て、食べてわかりやすいおいしさを演出することでSNSなどによる口コミ波及を促し、さらなるユーザー獲得が見込めるであろう。

★★★ポイント★★★
1.彩りや食感を意識した食材を多用して、見て、食べてわかりやすいおいしさを演出。
2.キキ&ララ40周年とコラボをすることでニュース性を演出。
3.女子高生が集まる表参道本店限定イベントにすることで集客効果

(画像はプレスリリースより)

■出典先
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000176.000011472.html
http://www.nicolasusagi.com/?page_id=3103

◯料理人を活用した企画に関する相談はこちら

一般社団法人 健康オピニオン会議