目指せNo1!高速 SA・PAメニューコンテスト全国大会

SA・PAのメニュー日本一が決まる

1月23日に東日本、中日本、西日本高速道路などは、武蔵野調理師専門学校と共同で『SA・PAメニューコンテスト全国大会』を開催しました。
d1498-61-404584-5
創立10周年を記念した今回は、『地元の食材を使用し、地域の食文化や魅力があふれるメニュー』をテーマに、全国のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)のレストランなど158店舗が参加し、NEXCO各社が主催する予選会を勝ち抜いた12店舗の中から、高速道路NO.1グルメが決定しました。

 ■休日に高速道路で食を楽しむ姿が目に浮かぶ企画

このイベント企画は、高速道路という『利便性重視のインフラ産業』『情緒的な地域料理、食文化』という価値を組合せることで、『手軽に車で行ける観光価値』を生み出しています。こうしたユーザーが楽しむ姿が見える新価値とクライアント課題である高速利用の拡大が自然につながっているところが秀逸です。

★★★ポイント★★★
1.通過地点であったサービスエリアを目的化させることで、高速道路利用の更なる拡大。
2.地域の食材と料理人、店舗を集合させることで、高速利用料以外の売上拡大。
3.コンテスト形式のイベントにより、地域食材や料理(店舗含め)の更なる価値向上

(画像はプレスリリースより)

■出典先
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000001498.html%22%3Ehttp://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000001498.html%3C/a%3E
http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/head_office/h28/0125/pdfs/pdf.pdf

◯料理人を活用した企画に関する相談はこちら

一般社団法人 健康オピニオン会議